理想はスムーズな取引で行なう相続不動産売却と不動産担保ローン

売却の手続き

女性

相続不動産売却の手続きは、順序よく行っていかないと、問題が起こる可能性は高いと言われています。普通の不動産売却であれば、自分が所有してる不動産になるので、相続不動産売却より手間はかからないと思います。しかし相続不動産売却となれば、相続された不動産でも、相続人の名義になっていないと、売却をすることはできません。それに複数の相続人がいて、そのうちの一人が、相続登記の手続きを行っていれば、そこを勝手に売却することはできないので、相続不動産売却をするなら、名義は一人に統一したほうがいいでしょう。そうしないと、相続人が複数いるので、売却を依頼する不動産には、対応できないと断られる場合があります。不動産に売却をお願いするのは、あくまでも所有者と購入者の仲介の立場として、間に入ってもらうことになります。そういったことから、売却する不動産の名義が、全て所有者でないと、不動産会社は仲介として入れなくなります。その一部だけを相続登記してる本人が、売却をしてもいいと言ってくれるのであれば、その相続不動産を売却することは可能かもしれません。しかしできるなら、一人の相続人の名義で不動産を所有していたほうが、売却がスムーズに行えると思いますよ。

担保対象の価値

弁護士

相続された不動産は、相続人が自分であれば、不動産担保ローンを組むことはできるそうです。不動産担保ローンは、不動産を所有しればそれを担保に組めるので、相続された不動産も所有してる不動産になります。

返せる範囲

男性

融資額を限度額まで全て借りる決まりはなく、必要だと思った分の額を借りると良いです。不動産担保ローンは、担保対象の不動産によって額が決まるでしょう。特に難しい条件もありません。

公平に遺す

female

不動産鑑定というのは素人が簡単にできるような甘いものではありません。そのため、かならずプロに依頼して、しっかりと自分の持っている不動産を鑑定してもらいましょう。